訪問歯科介護研究会ブログ
訪問歯科や医療・介護に関する事、時事ネタ、グルメなどの情報発信を通して、日々思う事を記録していきます。

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 子供の歯を守ろう!〜虫歯の基礎知識〜

子供の歯を守ろう!〜虫歯の基礎知識〜

皆さん、こんにちは天気

 

 

 

 

今回は、

 

 

 

『子供の歯を守ろう!part2』

 

 

 

 

ということで、虫歯の基礎知識についてお話をしたいと思います歯

 

 

 

 

 

まずは、虫歯の原因と、虫歯になるまでのプロセスを知ることから、虫歯予防へ繋げていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

さて、私たちの口の中には、どれくらいの細菌が生息していると思いますか?

 

 

 

 

なんと...

 

 

 

 

 

 

300〜400種類もの細菌が生息していると言われています😱

 

 

 

 

 

この中の一部の菌が、健康な歯を溶かしてしまい虫歯となります

 

 

 

 

特に有名な菌の一つが、『ミュータンス菌』というもの👾👾👾

 

 

 

 

食事をした後の、歯の表面や歯と歯の間に残った食べカスなどに含まれている糖質(特に砂糖)を栄養源として歯垢(プラーク)ができ、ミュータンス菌が住み着きます。

 

 

(歯垢は、歯と同じ乳白色で水に溶けにくく、粘着性が強いため、うがいでは取れません。

この歯垢を取ることが虫歯予防の第一歩です。)

 

 

 

 

これを放っておくと、

 

 

 

歯垢の中のミュータンス菌が糖質を分解して酸をつくり、歯の成分のカルシウムやリンが溶け出します。

 

 

 

 

 

 

さらに、この状態を放っておくと…

 

 

 

 

歯の成分が次々と溶け出し、

 

 

 

 

 

ついには歯に穴があいてしまいますエクステンション

 

 

 

 

これが、虫歯の始まりですバイキンマン

 

 

 

 

この流れの速さは、歯の質や唾液の量と質、摂取している糖分の量、虫歯菌の量などによって個人ごとに違いがあります。虫歯になりやすい歯や虫歯菌がたくさん存在しているような口内環境では、虫歯はどんどん進行していきます。

 

 

 

※唾液による「再石灰化」を知っておきましょう。

(唾液には、溶けた成分を補い、修復する「再石灰化」の働きがあります。時間の経過とともに、歯は溶けたり、

修復されたりを常に繰り返しています。)

 

 

 

 

 

 

しかし、虫歯を作り出すミュータンス菌を減らすことができれば、虫歯のきっかけや進行を食い止めることができます。

 

 

 

 

 

歯医者へ行かずとも、毎日のちょっとした取り組みによって口内環境は改善されるのです!

 


 

 

 

完全に除去することは不可能ですが、虫歯菌の数を減らすことで虫歯の予防をしていきましょう歯

 

 

 

 

 

では、次回の更新はpart3として、

 

 

 

 

虫歯予防のポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

皆さん、ぜひ次回もご覧下さいね四葉のクローバー

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 子供の歯を守ろう!〜予防歯科の重要性〜

子供の歯を守ろう!〜予防歯科の重要性〜

こんにちは!

 

 

 

 

皆さん、突然ですが、小さなお子様の歯磨きって大変じゃないですか?

 

 

 

私も小さい息子がいるんですが、ジタバタ嫌がって、なかなかちゃんと歯磨きさせてくれなかったりして苦労していますDocomo_kao18

 

 

 

小さいうちはありますよね〜泣き

 

 

 

しかし、なんとかアレコレ工夫しながら頑張って歯磨きしてるところでありますブラシ

 

 

 

 

そこで、今回から数回に分けて、子供の歯について考えてみたいと思います歯

 

 

 

 

 

皆さん、予防歯科という言葉をご存知ですか?

 

 

 

 

 

虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にするという考え方です。

 

 

 

 

大人だけに限らず、小さなお子様のうちから予防歯科に取り組むことが大事と言われています。

 

 

 

 

奥歯まで生え揃うとケアがしにくく、虫歯リスクは高まり、食生活では甘いものを口にする機会も多くなってきますバイキンマン

 

 

 

 

今は虫歯が無くても油断は大敵!

 

 

 

 

歯磨きは虫歯予防だけでなく、食事や睡眠と同じように生活リズムの基本です。

 

 

 

 

 

丁度、検診がある1歳6か月ごろから歯磨きを習慣づけて、正しいオーラルケア(口腔ケア)をすることが大切なのですエクステンション

 

 

 

 

小さなお子様がいらっしゃる皆さん、子供の予防歯科を始めましょう歯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、小さいうちからの予防歯科が何故大切なのか?

 

 

 

 

《乳歯の虫歯は永久歯の虫歯・歯並びにも影響するのです❗》

 

 

乳歯が虫歯になると、その下で準備している永久歯も虫歯になりやすいと言われています。

また、乳歯の虫歯がひどくなり、抜いてしまうと、永久歯が正しい場所に生えてこないこともあるので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

《乳歯はデリケート!虫歯の進行が速いので要注意❗》

 

 

乳歯は永久歯に比べ、エナメル質や象牙質が薄く、虫歯になると速く進行してしまいます。

生えたばかりの歯はエナメル質の組織が弱く、虫歯の注意がさらに必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、乳歯って大切ですね!

 

 

 

 

「生えかわるなら、虫歯になっても大丈夫」

 

 

 

 

というわけではないのです❗

 

 

 

 

では、

 

 

 

そもそも虫歯とは?

 

 

 

虫歯予防のポイントは?

 

 

 

 

ということで、次回は虫歯の基礎知識についてお話ししたいと思います。

 

 

 

皆さんぜひご覧ください歯

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > お知らせ > ホームページリニューアルしました。

ホームページリニューアルしました。

この度、NPO法人 訪問歯科介護研究会のホームページを

リニューアルいたしました。

 

今回のリニューアル目的は、スマホでも見やすくを意識しております。

 

ただいま初回無料検診実施中です!お気軽にお問い合わせください。

 

訪問歯科 無休受付0120-15-8049

 

 

| お知らせ | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > その他 > 謹賀新年

謹賀新年

皆様、新年明けましておめでとうございます🌅🎍

 

 

今年も宜しくお願い致します🙇🏻

 

 

 

お正月は、どのように過ごされたでしょうか?

 

 

自宅でのんびりされた方、

 

実家に帰られた方、

 

初売りに行かれた方、

 

旅行に行かれた方、

 

もちろん、お仕事だった方もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

私は実家に帰ってのんびりして、博多阪急の初売りを少し覗いてみたり…といった感じでした。

 

 

 

初詣など、お出かけもするかと思いますが、お正月と言えば…

 

 

 

 

『おせち料理』‼‼‼

 

 

 

 

やはり、コレでしょう🍺

 

 

要は、食べて飲んで過ごすのが1番ってことです(笑)

 

 

 

『福岡では、おせち料理は元旦にいただくもの』

 

 

というのが一般的かと思いますが、

 

 

私の実家では、大晦日にいただくのが昔からの当たり前で、毎年テレビで紅白歌合戦などを観ながら食べています🍴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや〜、最高です(笑)

 

 

 

新年も頑張ろうという気持ちになります。

 

 

 

食事をするということは、生きるため・栄養を摂取するためはもちろん、しっかりと噛むことによって脳の活性化にもなりますし、心も豊かになりますよね☺

 

 

 

家族や友人や恋人など、大切な人と一緒に食事をすると幸せな時間を過ごせます✨

 

 

 

 

これからも、自分の歯でしっかりと噛んで、美味しい食事をいつまでも楽しめるように、日々のお口のケアを大切にしていきましょう❗

| その他 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。0120-15-8049

お知らせ

Contents

お問い合わせはこちら

歯に関する豆知識情報

#

#

#

#

入会のご案内

#

#

#

#

#

リンク

#