訪問歯科介護研究会ブログ
訪問歯科や医療・介護に関する事、時事ネタ、グルメなどの情報発信を通して、日々思う事を記録していきます。

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 子供の歯を守ろう!〜虫歯の基礎知識〜

子供の歯を守ろう!〜虫歯の基礎知識〜

皆さん、こんにちは天気

 

 

 

 

今回は、

 

 

 

『子供の歯を守ろう!part2』

 

 

 

 

ということで、虫歯の基礎知識についてお話をしたいと思います歯

 

 

 

 

 

まずは、虫歯の原因と、虫歯になるまでのプロセスを知ることから、虫歯予防へ繋げていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

さて、私たちの口の中には、どれくらいの細菌が生息していると思いますか?

 

 

 

 

なんと...

 

 

 

 

 

 

300〜400種類もの細菌が生息していると言われています😱

 

 

 

 

 

この中の一部の菌が、健康な歯を溶かしてしまい虫歯となります

 

 

 

 

特に有名な菌の一つが、『ミュータンス菌』というもの👾👾👾

 

 

 

 

食事をした後の、歯の表面や歯と歯の間に残った食べカスなどに含まれている糖質(特に砂糖)を栄養源として歯垢(プラーク)ができ、ミュータンス菌が住み着きます。

 

 

(歯垢は、歯と同じ乳白色で水に溶けにくく、粘着性が強いため、うがいでは取れません。

この歯垢を取ることが虫歯予防の第一歩です。)

 

 

 

 

これを放っておくと、

 

 

 

歯垢の中のミュータンス菌が糖質を分解して酸をつくり、歯の成分のカルシウムやリンが溶け出します。

 

 

 

 

 

 

さらに、この状態を放っておくと…

 

 

 

 

歯の成分が次々と溶け出し、

 

 

 

 

 

ついには歯に穴があいてしまいますエクステンション

 

 

 

 

これが、虫歯の始まりですバイキンマン

 

 

 

 

この流れの速さは、歯の質や唾液の量と質、摂取している糖分の量、虫歯菌の量などによって個人ごとに違いがあります。虫歯になりやすい歯や虫歯菌がたくさん存在しているような口内環境では、虫歯はどんどん進行していきます。

 

 

 

※唾液による「再石灰化」を知っておきましょう。

(唾液には、溶けた成分を補い、修復する「再石灰化」の働きがあります。時間の経過とともに、歯は溶けたり、

修復されたりを常に繰り返しています。)

 

 

 

 

 

 

しかし、虫歯を作り出すミュータンス菌を減らすことができれば、虫歯のきっかけや進行を食い止めることができます。

 

 

 

 

 

歯医者へ行かずとも、毎日のちょっとした取り組みによって口内環境は改善されるのです!

 


 

 

 

完全に除去することは不可能ですが、虫歯菌の数を減らすことで虫歯の予防をしていきましょう歯

 

 

 

 

 

では、次回の更新はpart3として、

 

 

 

 

虫歯予防のポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

皆さん、ぜひ次回もご覧下さいね四葉のクローバー

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 子供の歯を守ろう!〜予防歯科の重要性〜

子供の歯を守ろう!〜予防歯科の重要性〜

こんにちは!

 

 

 

 

皆さん、突然ですが、小さなお子様の歯磨きって大変じゃないですか?

 

 

 

私も小さい息子がいるんですが、ジタバタ嫌がって、なかなかちゃんと歯磨きさせてくれなかったりして苦労していますDocomo_kao18

 

 

 

小さいうちはありますよね〜泣き

 

 

 

しかし、なんとかアレコレ工夫しながら頑張って歯磨きしてるところでありますブラシ

 

 

 

 

そこで、今回から数回に分けて、子供の歯について考えてみたいと思います歯

 

 

 

 

 

皆さん、予防歯科という言葉をご存知ですか?

 

 

 

 

 

虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にするという考え方です。

 

 

 

 

大人だけに限らず、小さなお子様のうちから予防歯科に取り組むことが大事と言われています。

 

 

 

 

奥歯まで生え揃うとケアがしにくく、虫歯リスクは高まり、食生活では甘いものを口にする機会も多くなってきますバイキンマン

 

 

 

 

今は虫歯が無くても油断は大敵!

 

 

 

 

歯磨きは虫歯予防だけでなく、食事や睡眠と同じように生活リズムの基本です。

 

 

 

 

 

丁度、検診がある1歳6か月ごろから歯磨きを習慣づけて、正しいオーラルケア(口腔ケア)をすることが大切なのですエクステンション

 

 

 

 

小さなお子様がいらっしゃる皆さん、子供の予防歯科を始めましょう歯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、小さいうちからの予防歯科が何故大切なのか?

 

 

 

 

《乳歯の虫歯は永久歯の虫歯・歯並びにも影響するのです❗》

 

 

乳歯が虫歯になると、その下で準備している永久歯も虫歯になりやすいと言われています。

また、乳歯の虫歯がひどくなり、抜いてしまうと、永久歯が正しい場所に生えてこないこともあるので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

《乳歯はデリケート!虫歯の進行が速いので要注意❗》

 

 

乳歯は永久歯に比べ、エナメル質や象牙質が薄く、虫歯になると速く進行してしまいます。

生えたばかりの歯はエナメル質の組織が弱く、虫歯の注意がさらに必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、乳歯って大切ですね!

 

 

 

 

「生えかわるなら、虫歯になっても大丈夫」

 

 

 

 

というわけではないのです❗

 

 

 

 

では、

 

 

 

そもそも虫歯とは?

 

 

 

虫歯予防のポイントは?

 

 

 

 

ということで、次回は虫歯の基礎知識についてお話ししたいと思います。

 

 

 

皆さんぜひご覧ください歯

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 風邪をひきやすい方へ

風邪をひきやすい方へ

こんにちは❗

 

 

いや〜、寒くなってきましたね😖

 

 

最近はいっきに冬らしくなってきて、朝起きて布団から出るのが辛い時期になってきました…

 

 

冬は寒さに加え乾燥も酷くなってきますし、喉の調子が悪くなったり、風邪ひきさんも増える時期かと思います🤧

 

 

とはいえ、冬だけに限らず、風邪と言えば「夏カゼ」と呼ばれるものがあったり、季節の変わり目になるとひきやすかったり、

 

 

風邪をひく危険性は一年を通して常にあるバイキンマン

 

 

と言っても過言ではないかと思います。

 

 

 

おそらく、風邪をひいたことが無い人なんていないんじゃないかと思うくらい、私たちに一番身近な病気かと思いますが、

 

 

「風邪をひきやすい人」

 

と、

 

「めったに風邪をひかない人」

 

 

っていますよね?

 

 

この違いって何だろう?

 

 

 

もちろん、普段の手洗いやうがいをしているかとか、子供からお年寄りまで免疫力の違いがあったりなど様々だと思います。

 

 

そこで今回は、

 

 

普段の歯磨きを見直すことで、風邪に対して有効な対策になる!

 

 

というお話をしたいと思います。

 

 

 

いきなり結論から言うと…

 

 

 

「朝起きてすぐ歯磨きをすると、風邪をひきにくくなる!!!」

 

 

ということです‼

 

 

 

 

朝起きたばかりの口内の状態を思い出してみてください。

 

 

ネチョネチョしてたり、乾燥でカラカラになってたりしてることがあると思います。

 

 

 

少なくとも、スッキリした状態ではないですよね?

 

 

起き抜けのお口の中は、ものすごい数の菌が繁殖してるのです❗

 

 

その菌の量と菌が出す酵素は、

 

 

 

うんち10g💩と同じ量に相当すると言われています💀💀💀💀💀💀💀💀💀💀

 

 

この菌が、朝一番の口臭のキツさであり、虫歯や歯周病の原因でもあるのです😱

 

 

 

なぜ朝起きたてはこんなに菌が発生しているかというと、睡眠中の唾液の分泌量が少なくなることが原因です。

 

 

唾液が減少してお口の中が乾燥すると、菌が繁殖されやすくなります

 

 

そして、この菌が体に様々な悪影響を及ぼします。

 

 

その悪影響の1つが、風邪やインフルエンザなのです👾

 

 

 

 

朝起きて歯磨きをしないまま朝食をとると、先ほどの菌が食べ物と一緒に体の中に入ってしまいます。

 

 

すると、菌の一部が上気道のどこかにとどまって感染し、喉が痛くなったり鼻詰まりを起こしたり…

 

 

この結果、風邪やインフルエンザになってしまうことがあるのです。

 

(※上気道…呼吸器のうち、鼻から鼻腔、咽頭、喉頭までを指す。鼻から喉仏あたりまで。)

 

 

 

なので、朝起きてまず最初に歯磨きをすることが、体の中に菌が入るのを防ぎ、風邪の予防となるのです。

 

 

そして、朝一番に歯磨きをすると、朝食がおいしく食べられます😊

 

 

ネチョネチョしたお口で食べるより、スッキリしたお口で食べたほうが絶対おいしく感じますよね!

 

 

 

「なんか風邪ひきやすいな〜」

 

 

と感じる方。

 

 

 

ぜひ、

 

「朝起きてすぐの歯磨き」

 

 

を始めてみてください‼

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

訪問歯科介護研究会ブログTOP > 歯科 > 生命を繋ぐ【口腔ケア】とは?

生命を繋ぐ【口腔ケア】とは?

こんにちは❗

 

 

今回は、当会の活動趣旨として最も重要視している、

 

【口腔ケア】

 

について、お話します。

 

 

 

口腔ケアと聞くと、虫歯や歯周病の予防・治療を連想するかもしれませんが、それだけではありません。

 

特に高齢者の場合は「歯」そのものよりも、

 

◆お口の中を清潔にし、環境を整える事

◆お口を動かすための機能を維持する事

 

これらが大きな目的になります!

 

 

細かく見ていくと、口腔ケアの効果はこのようなものがあります↓

 

・口腔感染症の予防

・誤嚥性肺炎の予防

・全身疾患の予防

・味覚の改善

・唾液分泌の促進

・認知症の予防

 

 

他にも、低栄養の改善や食べる楽しみの回復など、全身の健康から精神面までの影響が期待できます。

 

 

逆に、ケアを怠っていると、お口の中の細菌が繁殖し、全身に様々な悪影響を及ぼします。最悪の場合、命の危険にも…

 

 

特に、高齢者など体力や抵抗力が弱っている方にとって、お口の中の細菌は恐るべき大敵なのです!

 

 

 

専門的なお口の清掃による細菌の除去と、口腔機能訓練(お口のリハビリ)による飲み込みの機能や唾液分泌の改善をすることにより、

 

口から飲食できなかったひとが食べれるように!

 

表情の無かった人が笑うように!

 

話す事ができなかった人がしゃべれるように!

 

といった驚くべきケースもあると言われます。

 

 

そう、【口腔ケア】とは、

 

 

【生きるための生命を繋ぐケア】

 

 

と言っても過言ではないのです‼

 

 

 

当会は、皆さんがいつまでも自分の歯で食事を楽しみ、健やかに活き活きと自分らしく過ごしていけるよう、

【口腔ケア】の推進を使命とし、皆さんの健康をトータルサポートしてまいります‼

 

 

 

 

 

 

 

 

| 歯科 | ↑訪問歯科介護研究会ページトップへ | お問い合わせ | 編集

 

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。0120-15-8049

お知らせ

Contents

お問い合わせはこちら

歯に関する豆知識情報

#

#

#

#

入会のご案内

#

#

#

#

#

リンク

#